2006年01月23日

神戸クリニックがフェイキックIOLを始めました。

レーシックを受けたい!!と思って適応検査に行ったものの、
角膜厚が足りなくて諦めた方もいると思います。
他のクリニックに行って手術可能な所を探した方、
エピレーシックなら大丈夫、といわれてエピレーシックにした方、色々だと思います。

そんな中で、どれにも適応しないといわれて諦めざるを得なかった方に朗報!!
神戸クリニックフェイキックIOL手術を始めました。

フェイキックIOLって何?って思って調べてみた所、
白内障治療で使われるレンズと同じ素材で作成された、
人工レンズを眼の中に挿入し、近視・遠視・乱視を矯正する治療法 との事。
レンズは交換の必要が無いことと、
取り除いてしまえば元の眼と同じ状態に戻れることが利点。
(レーシックは元の目には戻れないのです)

治療は片目づつ手術を行うので2週間は間を置いて様子を見るそう。
手術時間は片目30分。点眼麻酔で行うようです。

・・・やはり難点といえば眼の中にレンズを入れる恐怖心、
縫合することへの恐怖心
などでしょうか・・・。
それを差し引いても視力を回復したい!!という方にはオススメです。

料金は両目で65万円。施術は神戸クリニック広尾のみです。
早くフェイキックIOLにも割引クーポンが出来るといいですね!!





posted by 加奈 at 21:50 | Comment(0) | レーシックニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

フェイキックIOLとレーシック
Excerpt: ■フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは? フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)とは、白内障手術を応用した視力回復手術です。 フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)は、水晶体を..
Weblog: レーシックで失敗しないための知識
Tracked: 2006-10-11 17:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。